Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【カルチョな執事】 火を付けてくれ!(胸のエンジンに)

<<   作成日時 : 2018/02/14 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 オオオオ〜(コール&レスポンス)

 前の席の家族連れの男児が、何度喉に詰まっても食事する事を諦めず、血相を変えた母親の介抱と精一杯年長者ぶろうとする兄の奮闘で、私も気が気ではない。以上、実況中継でした。
 しかし、当の男児は泣くでもなく、喉に詰まろうが何が起ころうがとにかく目の前の料理を平らげる、という意思だけをひたすら貫徹しているようだ。根性が座っているのか…とりあえず、周りの大人が心配するからよく噛んで食べなさい。

画像
 さて、何故このタイミングで突然更新するかというと、今週がグラジャン発売日だとついさっきまで勘違いしていたせいである。月の1週目に発売されないという事がいかに私の体内時計を狂わせるか、今更ながら実感している。
 よって、キャプ翼ネタバレ感想とセットで今回のレビューは公開する予定だったが、せっかく書いたので先にアップしておきたいと思う。


                                                             


【Football Culture】フットボール書評 Books are Burning 第44回

 今回も頂いた作品! 感謝!
 これで2017年に頂いた作品は全てレビューした事になる。これでようやく心置きなく2018年へと突入する事が出来るわけだ。



画像
カルチョな執事(マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
あづち涼


[あらすじ]

 N2リーグで苦闘を続けるクラブ、コロポローザ札幌。
 開幕から連敗を続ける地方クラブながら、そこには門地亮介・通称モンチという青年の存在が他クラブと大きな違いを生み出していた。
 彼の職業はホペイロ。スパイクなどの用具の管理や掃除・洗濯等全ての雑用を引き受ける裏方だが、彼はその全てを超ハイレベルに、完璧にこなす。
 彼は選手達が最高の条件でプレーするために、その仕事に誇りを持っている。その姿勢は過敏なほどで、細かな変化にも敏感であり、想定外の事態にも即座に対応する有能な「執事」の如し。

 プロフェッショナルとしての仕事ぶりゆえ、時にプレーや人間関係で悩む選手達のブレークスルーのきっかけともなる。
画像
 ホペイロとは準備のプロである。今日も彼は、選手と同様に自らの仕事を追求しているのだ。


[感想]

 ホペイロという、現代サッカーでは当たり前の存在になった職業にスポットを当てた作品。主人公の立場が地味なので、何か超絶的な能力を持たせるのかと思ったがそうでもなかった。モンチの仕事ぶりは、あくまで現実でも生身の人間が頑張れば実現出来そうな範囲である(それでも十分チート級の能力だが)。

 程良く強キャラな主人公が、毎回選手一人一人をピックアップして問題を解決していく。人間ドラマを描く作品として、展開次第では長期連載も望めそうな内容ではあるが、検索してみたところ2巻で終了という寂しすぎる結果に終わったようだ。
画像
 テーマが地味、更にWeb連載(だったらしい)というハンデもあり、このような終わり方を迎えてしまったのだろう。このコーナーで取り上げる作品の常ではあるが、やはりサッカー漫画は難しい。本当にそう実感する。1話完結の人情派サッカー漫画という新境地を開けそうだったのに、このスピード打ち切りは残念。

 着眼点も切り取り方も面白かったが、作品内容以外の所での不利が響いたか。毎話、いい話を描いておいてオチでずっこけさせるバランスも結構好きだった(Amazonレビューによると、ここが嫌いな人もいる模様)
画像
(例:それまでのスタイルを捨てポストプレーヤーとして生まれ変わる覚悟を決めたベテランFWだが、アシストの活躍をした後こんな感じで終わる)

 しかしJ2(N2)が舞台という事で、また房総半島の黄色いクラブがこの作品でもかませにされるのではないかと神妙に読み進めていたが、少なくとも1巻では登場しなかった。島根や鈴鹿など、実際にはJ入りしていない都道府県のクラブが出てきているので、2巻で登場するかどうかはわからない。

 あとがきによると、あづち涼先生は『そふてにっ』の作者だったらしい。内容は知らないが、アニメ化もしたヒット作品ではないか。
画像
 繰り返しになるが作品内容は知らないものの、こういったCDが私のiTunesにリッピングされている。てっきりゆるい萌えアニメかと思っていたが、『カルチョな執事』のしっかりした内容を見る限り、きっとこちらの作品も真面目にソフトテニスしていたのだろう。
 ちなみに、あづち先生のWikipediaページでは未だに『カルチョな執事』は連載中のままである。『そふてにっ』ファンの方は編集してあげてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最新号読みましたぁ(>_<)
松山くんが見開き1ページで地を這うロングを放っていて思わずシビれましたぁ
!ミューラーに止められたのなんて気にしませんから(T_T)
見守る美子ちゃん、早苗ちゃんと区別がつかない(@_@)ちゃんと描き分けましょうよ女子キャラもw
ヨッシー。
2018/02/21 19:28
ヨッシーさん:
コメントありがとうございます。松山、大きな出番ありましたね!決まらなかったけど、イーグルショットの新境地を見せてくれました。
もう完全に松山の事で頭が一杯で、ワイプで描かれた女性の事をヨッシーさんにご指摘頂くまで完全に失念していました…本当に早苗と区別付かないですよね。
ランジェロ(同じ店ばかり通う人)
2018/02/22 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【カルチョな執事】 火を付けてくれ!(胸のエンジンに) Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる