Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【キャプテン翼ライジングサン】 ねえ、アニメの夕方放送お願いよう〜!

<<   作成日時 : 2018/04/05 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 街の浮かれ気分が非常に鬱陶しいのだが、まだ春休みなのね…もう桜も散りかけているというのに。


 さて、遂にキャプ翼の新アニメがスタートした。当日のツイッターTLは見ていないが、トレンドに入っているのは確認した。
 kids層が観やすい夕方での放送を多くの人が予想していたものの、放送時間帯はまさかの深夜帯だった。
テレビ東京、「キャプテン翼」深夜放送の意図を説明(デイリースポーツオンライン)
 一応、この件に関しては公式にエクスキューズが出ているようだが、新たにサッカーを始めようと思わせるプリミティブでピュアな魅力を持つ作品だけに、この判断はもったいないと思った。
 リアルタイムで土田プロ版〜『J』を観ていたM1F1〜M2F2層、そして数は少ないだろうがネタ目的で覗き見るteen層だけでは、作品としての訴求としてはともかく、若年層へのサッカーの啓蒙活動としては殆ど意味を為さない。
 つまり、かつてリアル世界のサッカー選手達に大きな影響を与えたような波及効果を望むのは、非常に難しいという事である。

 個人的にはアニメ化しただけでも儲けものというスタンスだし、あまり細かい事を言うのも野暮だとは思っているが、ただ「もったいないなぁ」と思うだけである。せっかくやるなら、万全の体勢で放送すれば良かったのに、と感じた。
 これは批判やいつものようないちゃもんではなく、要望というか素直な感想だ。勿論、アニメ化したからには全力で楽しませてもらうつもりである。

 とりあえず、リアルタイムでは観られないので、恐らく1〜2週間遅れての鑑賞となる。漫画連載のようにすぐさま感想を書く事は出来なさそうなので、ツイッター実況される方は楽しんでください。私は出来る限り月と火はツイッターは見ないと思います。


                                                             


【Response】コメント返信

 いつもありがとうございます。感謝ぁ〜、感激〜!


ヨッシーさん:

> 最も出番を心待ちにしているのは まぎれもなく松山&三杉のあのアイコンタクトの場面ですよね(腐ってはいませんが(笑))
 私も腐ってはいませんが、腐った方々の気持ちもわかるようになりました…しかし、あれだけ期待させてあっさりやられたのは残念でしたね。仕方ないといえば仕方ないんですが…ただ、新田のように意外な活躍をする事もあるわけですし、何とか希望を持つ事にしましょう。

> いつぞやの無期限休載がないことを祈りますが。
 ワールドカップなので、どこかで必ず休載はあるんじゃないかと思います。また無期限休載をやったら、さすがにアニメ放送中だけに集英社の方からクレーム付きそうですねw


すしをさん:

 連勝したと思ったら…マジで何なんですかね、このクラブ…。

> 優也は体型含めてこのシーンの若林っぽいかも・・・
 最近の陽一先生はGKをみんなガッチリ体形で描くので、そう言われてみれば優也体形ですねw

> にしてもミューラーとカルツがボロボロですよね。二人の今後の選手生活が心配になります。 
 ミューラーの左手とカルツの肋骨ダメージ、しつこいくらい描写してますもんね。そして今回、またカルツが…ドイツが負けた時の言い訳になるのでしょうが…。

> 天才で都会的な三杉と努力家な地方出身の松山って 対照的な二人が力を合わせるのがいいんですよねぇ・・・
 素晴らしい着眼点、これは萌える! 私も腐った要素ありそうです。しかし「熟成肉」というすしをさんの表現にエスプリを感じましたw

> ちなみにランジェロさん、私千葉出身じゃないんですよ。
 おおっと、これは失礼しました! 勝手に思い込んでいました、申し訳ありません。確かに、ジェフは県外サポも少なくないですよね。三ツ沢近辺には古河時代からのファンもおられる事ですし。
 この話題と関係あるか自信がありませんが、Jリーグ創設当時の私の周囲は県外サポを自称する人間ばかりでした。やれ名古屋だ、広島だ…今考えると、ジェフ狂いだった私に賛同したくなくて彼らは県外クラブを選んでいたのでしょうが。
 ただ、千葉県北東部の東端や利根川流域に通ってる奴らは、漏れなく鹿島サポでしたね。地理的に市原よりずっと近いので、それが自然で当たり前な事だ…と当時言われた記憶があります。何より、開幕時から強かったですしね…。


                                                             


【Captain Tsubasa】『キャプテン翼 ライジングサン』ネタバレ感想 サッカー馬鹿野郎「新合体技どうですか?」 岬「やめましょう」

 前回のグラジャン連載分の『怨み屋本舗WORST』のキャプ画像が、ツイッターにて結構な勢いでバズっていたのを見かけた。私が先にやっとけば良かったかな(拡散力の違い完全無視)。
 今号の同作品も胸糞展開になってきたが、考えてみれば『ブラックエンジェルズ』は30年以上前からそんな感じだったんだよな…。


〔「すげ、いいヘッド!」「あんたのタックルも、鋭いよ!」 〕

 アンカーの位置で守備を統率するカルツ。そんなドイツディフェンスを破れず、徐々に焦りの色が見え始めた日本。
 カルツはその機を逃さず、ディフェンスラインを上げて強いプレスを指示。日本のパスミスからボールを奪い、シェスターがマーガスへとロングボールで展開。

 ここで立ちはだかったのが、ハイボールに絶対の自信を持つ“ボンバーヘッド”曽我。マーガスに競り勝つ圧倒的な制空力を見せつける。
 こぼれ球に反応するシェスターだが、これを激しいスライディングで防ぐ井川。

 ブラジルとアルゼンチン、南米の強豪国で粘り強く育った雑草コンビが、ドイツの攻撃を防いだ。怪我明けの次藤の不出場や、高杉のメンバー落選をもベンチメンバーに納得させる活躍ぶりである。

 その2人に触発されたのが、同じく南米ブラジルで育った大空翼。ボールを受けると、シュミット兄弟をごぼう抜き。
 この動きにしっかりとパートナー・岬が連動。新合体技はあえて封印、流れるような動きからツインシュートを放つ。
画像
 カルツ、タイガーボラン(漫画上の表記は「シュバイルタイガー」。まさか名前忘れたんじゃあるまいな…)、マイヤーがブロックを試みるも、強烈なシュートはカルツのどてっ腹を直撃。そのまま彼の体ごとゴールへと突き進む。
 いよいよ先制点か。沸き立つ日本ベンチだが…。


この週の感想:
 前回、テクモ版『3』の日向の「どてっぱら」発言を取り上げたが、今回本家連載でこの文言が登場。
画像
 単なる偶然だとは思うが…それはともかく、体ごとゴールへ、という描写は久し振りのような気もする。

 そして、すんげー露骨な説明台詞連発で井川・曽我のCBコンビを紹介。
画像
 更に、これまた説明口調で次藤や修哲トリオに2人の存在意義をわざわざ説明させる徹底ぶり。

 アニメを観て、もしかすると連載を読んでみる人がいるかもしれない(確率は非常に低いだろうが)。そういった人は恐らく次藤・三杉のCBコンビで認識が止まっているどころか、下手をすると次藤・松山のDFラインしか知らない(つまり無印でキャプ翼から離れた人)かもしれない。
 これは当然、陽一先生なりの配慮であろう。過去にキャプ翼が何らかのタイミングで話題になる度、過去の読者に現在の状況を知らせるために一旦流れを止めてキャラ紹介をしたり、かつての人気キャラに活躍の機会を与えたりする。間違いなく、陽一先生としては行き当たりばったりでなく計算して行っているはずだ。
 それが成功しているかどうかは、実際にそういった出戻り読者の方の感想を聞かねばわからないが、こういった事がわかるのはリアルタイムで連載を追い掛けているが故であり、なかなか面白い。

 ただ、今回スポットを浴びたのが井川、曽我(あと翼)と全く思い入れのない連中ばかりなので、キャプチャーするのもあまり気が進まなかった。
 井川の兄である井川隼人は、『G-23』以来の登場だろうか? その後出てきたかどうか忘れてしまったが、未だ日本代表のようだ。
 彼の元ネタは、“アジアの壁”と呼ばれた井原正巳。Jリーグ草創期の代表の要だったので、キャプ翼だけでなく『俺たちのフィールド』『Jドリーム』など多くの作品にもどきキャラが登場している(特に『俺フィー』でリザーブドッグスの伊武と張り合った“井浜正美”は印象深い)。
画像
 現実世界の井原が日本代表から外れたのが、トルシエ率いるチームが南米選手権で破れた1999年。看板戦術であった“フラット3”に適応出来ないと判断されたためだ。
 つまり、『Road to 2002』連載開始時点(2001年)ではとっくに代表選考外だったのだが、2018年の連載でも彼をモデルにした井川は現役代表。タイムスリップしたかのような感覚がある。
 現在、井原は監督としてアビスパ福岡を率い、J1昇格も経験している。長い年月の経過を感じざるを得ない。


 恒例の巻末質問、「今一番欲しい物は何ですか?」への陽一先生の回答は「休みですね」。あと2ヶ月もすればロシアへ“取材”に行くだろうに。そしてそれを「休みでない」とは言わせないぞ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キャプテン翼を読んで「アンカー」って単語が出て来て悶絶しましたw
それは置いておいて、曽我も確かモデルがボンバー中澤なんですよね?
彼も安室奈美恵を追うように引退宣言してますから
このタイミングで陽一先生もクローズアップしたんでしょうか?
次号はミューラー独りでがカルツを受け止めたりして!

それにしても、代表には驚き呆れました。
これから先、W杯出場は出来るかもしれませんが
日本は強くなれるんでしょうかね?
キャプテン翼の再アニメ化も背景にW杯イヤーがあってのものだと思うのですが…
個人的にアニメの事を少し書くと
ジェフサポはOP とEDでニヤッとしますよね。
他サポからも羨まれる素晴らしいスタジアムですからねー
すしを
2018/04/17 22:44
すしをさん:
一応陽一先生もサッカー用語を勉強してるんでしょう…曽我はボンバーがモデルですね。中澤本人も以前インタビューで触れてました(「曽我じゃなく、中澤としてキャプ翼に出たい」と発言)。

> 次号はミューラー独りでがカルツを受け止めたりして!
ご名答! 大正解でしたねw

> 日本は強くなれるんでしょうかね?
怪しくなってきた、としか言いようが無いです。解任報道の時は久々にJFAに怒り狂いましたね…(さすがにオシム強奪の時ほどではないですが)。
いずれ触れますが、この件は正当化も擁護も相当難しいと思うんですよね…それだけ滅茶苦茶な事でしたから。

> ジェフサポはOPとEDでニヤッとしますよね。
ニコ動のコメントで気付きました! 確かに非常に見慣れたスタジアムでしたw
原作でも立花兄弟のシーンで一瞬出てきたり、意外とキャプ翼に登場してるんですよね、あそこ。
ランジェロ(疑似体験する人)
2018/04/19 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【キャプテン翼ライジングサン】 ねえ、アニメの夕方放送お願いよう〜! Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる