Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS I Remember That 【Day 13】

<<   作成日時 : 2017/04/13 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Talking Loud and Clear :
"Captain Tsubasa" & "Come on United!"

【Part.3: "Captain Tsubasa En La Liga"】


画像
 というわけで、一応少しは復調傾向にあったかなという連載の次は『EN LA LIGA』。またいつもの翼のクラシコでした。

画像
 見事に『G-23』を超えた作品ですね。無論、悪い意味で(白目)。

画像
 『Road to 2002』でやったクラシコが中途半端にリアル志向に寄った悪夢の出来だったので、それに比べれば幾分マシだったかなという気もしますが……しかし、この連載には重要なトピックがあります。ここでミカエルが初登場。セグウェイドリブルは散々ネタになりました。

画像
 あのセグウェイは色んな所でネタにされましたね。そしてキャプ翼らしいとんでもない技だったので、ファンもこの謎のベールに包まれた選手に大いに沸きました。

画像

画像
 前のクラシコが陽一基準のリアル志向だった分、ここでトンデモサッカーへの回帰宣言をしたのかなとも思いました。この連載では結局試合をせず、顔見せだけで終わりましたが。
 この連載で気になったのは、必殺技や一対一の勝負がなんかチマチマした感じになった事でしょうか。三段オーバーヘッドとか、かなり特殊な状況じゃなきゃ使えない必殺技だと思うんですが。

画像
 そもそもオーバーヘッドをオーバーヘッドで防ぐって無駄じゃないのとはキャプ翼界では禁句な気がしますが、それにしたって三段オーバーヘッドする必要性は皆無ですよねぇ。防がれたならパスに切り替えろよ……。

画像
 JYイタリア戦ではパスに切り替えた場面がありましたね。正直ナトゥレーザが絡むと、こういうせせこましい対決になるのが難点です。とりあえず、ミカエルが出たという点くらいですかね、意義としては。
 ちなみに、連載開始直前に『アメトーーク! キャプテン翼芸人』の放送があり、連載終了直前に東日本大震災が発生しました。激動の時代でした……というか、短期連載かと思いきや1年以上続いたという謎の長さ。

画像
 連載の大半をクラシコに使ってますからね。前(『Road to 2002』)でも相当な枠割いてやった試合をまたするとか、当時は本気で何考えてんだと思ってました。あ、今も思ってますわ。

画像
 それは仕方ないですね。多くの人がそう思っているでしょう……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セグウェイドリブルは…よく不審者として捕まらなかったなぁと思います(笑)
『そこのキミっ!ちょっと交番へ来たまえ‼』ってな感じで(爆)
子供のローラーシューズ(その名の通り靴の裏側にローラーがついてる靴)も危ないからってけっこううるさいですからね←話がズレてね?
対談、楽しみにしてます✨
この松山くん、カッコいい💖
ヨッシー
2017/04/14 22:15
よっシーさん:
ありがとうございます!対談もいよいよ明日ラストです。
セグウェイドリブルはまず原理が謎ですからね。かなり不審者ですよ、これw
ローラーシューズ、一時期ほど見なくなりましたね。人通りの多いところで滑る子供が多くてハラハラしてました。

かっこいいですよね!Eternal Apocalypse様からお借りしてます。
松山(と森崎)は2種類製作されているという力の入れよう。明日の対談のアイコンはそっちの別バージョン松山にしてみたいと思いますw
ランジェロ(眠りが浅い人)
2017/04/14 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
I Remember That 【Day 13】 Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる