Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺みたいなはみ出しもんが、ネタバレ書いちゃいかんのか? 【キャプ翼銅像とかキャプ翼ネタバレ感想とか】

<<   作成日時 : 2014/06/08 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 個人的には忙しいのにキャプ翼関連が一気に動き始めて、何だかもうわけがわからなくなってきた。
 時間も無ければ金も無い。参った。
画像
 そういえば、陽一先生は今回のワールドカップでは日本代表自体とは関わらないのだろうか。キャプ翼展と連載で忙しいのか。


                                                                 


【All Japan】あの辺気をつけて下さい、ん守備の穴がありますから

 ここまでのテストマッチ3連戦の代表を観て感じたのは、やはり楽観も悲観も出来ないという事。前回書いたように、3勝も3敗もあると思う。始まってみなければわからない。
 NHKのドキュメンタリー『攻め抜いて勝つ』で選手やザックが語っていたのは、とにかく自分達のスタイルでボールを支配して勝つ事が大命題であって、守備を固めて勝ち点を獲りに行くサッカーは端から志向していない事であった。特に選手たちは前回ワールドカップでの専守防衛的な戦いに「悔しさ」を感じており、日本サッカーの未来を見据えて「次に繋がる戦い方」で勝利を得る事を目標としているようだ。
 選手たちの志の高さは賞賛に値する。先の事を考えて日本なりのスタイルを創ろうとしているのは、今後のサッカー界にとっても大きなプラスになるだろう。

 だが、理想の高邁さと現実のサッカーの内容が完全に一致しているとは言い難い。確かに人数をかけ、DFラインを高く保持して攻めるやり方は一定の成果を挙げているものの、やはり守備には大きな不安が残る。
 しかも単純なミスがあまりにも多過ぎる。攻撃に重きを置いた戦術を採用している分、小さなミスが命取りになるのは選手たちも重々承知しているはずだが、それにしても注意力が散漫だし、同じような形でゴールを割られすぎている。
 象徴的なのが、先日のザンビア戦の後半、CKの場面で相手選手に真ん中からどフリーでヘディングシュートを打たれたシーン。幸いにも相手選手がシュートを枠外に外してくれたお陰で失点は免れたが、苦手のセットプレー守備の局面で、体の強くない遠藤に中央にいる選手をマークさせている事。そして遠藤は「相手に押された!」と言わんばかりにセルフジャッジで相手を放してしまっている事(こういうメンタルの部分だけはなかなか変われないんだろうな…)。相手に決定的な形を作られやすいのは守備システムの構造上仕方ない面もあるが、このように明らかに集中を欠いているようにしか思えない場面が多々見られるのは問題だと思う。
 チャンスは多く作るものの、その分危険な場面が何度も訪れる。とてもリスキーで、結果が全ての大会でこのサッカーを突き詰めるには少々ギャンブルであるような気がしてしまうのだ。

 この状況下で救いがあるのは選手や監督に危機感がある事で、特にザックはザンビア戦を「勝ったが、勝ちに値するようなゲームではなかった」とかなり腹を立てている様子だった。直前のテストマッチで成果を挙げ、大きな期待を受けながら惨敗した2006年ワールドカップ前の状況と似ているように感じている人も多いようだが、少なくとも選手たちは修正の必要性を常に口にしているし、この点に関しては心配していない。

 また、「本番では3人しか交代が許されないのに、ザックはテストマッチだけに許される6人の交代枠全てを使って目先の勝利にこだわっている」という批判も散見したが、これに関しては的外れという他無い。前回ワールドカップ直前の高地トレーニングを例に挙げるまでも無く日本のフィジカル管理は優秀であり、怪我人や復帰直後の選手達が多数いる現在の状況を鑑みて、何らかの正当な意図があっての采配であったはずだ。
 例えば、2012年のロンドン五輪。U-23日本代表はベスト4という見事な結果を残したが、スタッフは初戦のスペイン戦にコンディションのピークを持ってこられるように入念な準備をしていたという。関塚監督は大会前の親善試合で選考外になった選手(ウチの大岩とか)を多く使って批判を浴びていたが(私もブーブー言ってました、センセンシャル!)、全ては代表メンバーに選ばれた18名の状態を計算しての起用だったという事だ。

 今回のワールドカップは、今までの大会とは違った気持ちで迎えている。期待半分、不安半分。
 1998は初めて世界に出て行く不安、2002は地元開催のプレッシャーとそれまでの結果から得た自信、2006は放任サッカーへの完全なる諦観、2010は言うまでも無く絶望と、それぞれ違いはあるが、共通していたのは「相手チームの良さをいかに消すか」であり、「格上の相手の胸を借りながら数少ない勝機をどうやったら掴めるのか」といた、受身の気持ちで見ていたのだ。当時の日本代表のレベルからすれば、当然であるのだが。
 しかし、インテル、マン・ユナイテッド、ミランといったビッグクラブに所属する選手や、CLに出場して経験を積んだ選手、現在所属リーグで絶好調の選手もいる。「世界の強豪何するものぞ」という気概を確かな実績の上で持っている選手達であり、能動的に世界と戦ってきたという点が今までの代表と一番違う点ではないか。

 日本が標榜する攻撃サッカーは、守備の問題点もあって上手くいかなければ昨年のコンフェデのような結果になるだろう。そのような場合、「世界に大きな驚きを与えたが、勝利は奪えなかった」というような評価で止まってしまう。だが、ここ数試合見せてくれたような攻め切って勝つ試合を完遂出来た場合。新たな日本サッカーの可能性が開けるに違いない。
 どのような結果に終わるかはわからないが、最高の結果が出る事を望んでいる事には変わりない。


                                                                 


【Captain Tsubasa】Bronze Statue of Puberty Vol.5

 いよいよ銅像紹介も最後となった。写真を撮ったのもかなり前の気がしてくる。
 今回の撮影は、正真正銘最後の撮影行の際に撮ったもの。

 最後はこいつ。立石駅近くの立石一丁目児童遊園に設置されている。名前に反して、普段から児童の姿を殆ど見かけない公園である。近くにレトロな商店街(飲み屋多数)があるせいか。
画像
 ロベルトとのカップリング(腐った意味ではない)も含めれば、この界隈に翼の像が3体存在することになる。

 お年寄り達に見守られながら接写。
画像
 そういえば、こいつは元々FWだったんだな。後に「キャプテン翼の影響でサッカー少年は皆MFを目指した。だから決定力のあるFWが出て来なくなった」などと常套句のように言われたものだが、ここらへん識者の皆様はどのように分析するのだろうか。そもそもこの論調、日向の立場が無い。

 明和戦で披露したヒールリフトのシーン。
画像
 かつてニコ動に土田プロ版のアニメがアップされていた頃、このシーンは「ポウポウポウ」のコメントで埋まっていたのであった(言うまでも無くテクモ版ヒールリフトのSE)。

 ちなみに、立石商店街の案内看板は四つ木商店街のものとは違う
画像
 四つ木は小学生編の絵だったのに対し、こちらは中学生編。若林がイケメン。

 後日立石駅前を通った際、口をあけてガッツポーズする見慣れた男の絵と遭遇。南葛SCの事務所が置かれていたのだった。いよいよ本格始動ですな。
画像
 これにて、キャプ翼銅像巡りツアーは終了。お付き合いありがとうございました。さて、次回からはどのようにして記事を埋めるべきか…。


                                                                 


【Captain Tsubasa】『キャプテン翼 ライジングサン』ネタバレ感想 おめえら!ミカエルの生き様とくと見とけや!

 『いこいのそどむ』に出てくる男の娘は何か違うんだよなぁ…。


〔このグリーン(芝生)は(トンデモドリブルの)やり甲斐ありますよ〕

 酸素カプセルにて体力回復に勤しむ翼の元に、“チーム翼”の一員であり、担当トレーナーである有賀も駆けつけた。トレーナーの資格を取得していた学(?)と岩見も力を貸し、翼の疲労回復を図りながらトレーニングをしていく方針を固めたのだ。
 
 一方スペインでは、代表選手なのに買出しにパシらされている新田・佐野・タケシが、今夜始まる男子サッカー競技の話題に花を咲かせていた。開幕戦は、地元スペインが登場するのだ。サバデルの街は自分達の代表チームの試合に備えてか、人通りも少ない。
 ブラジルでも、ロベルト達がテレビのモニターに熱い視線を送っている。ブラジル代表のツートップ、サンターナとナトゥレーザをリーガでの戦いで完封したスペインの超新星、ミカエル。そのプレイを初めてリアルタイム観戦出来るのだ。

 スペインの対戦相手は、メダル獲得有力候補の一角カメルーン。世界屈指のストライカー、エタウとムアンバがオーバーエージで加わっており、攻撃の破壊力は折り紙つき。ミカエルに課せられているのは、この2人を同時に抑え込むことである。
 五輪開幕戦がキックオフ。ホーム初戦でやや動きの硬いスペインに対し、完全アウェーのカメルーンが激しいプレスからボールを奪うと開始早々一気に攻め込んだ。ボールはエタウとムアンバのツートップへ。2人は距離を狭めたまま、一気に中央突破を図る。
 しかし、次の瞬間2人の体は弾き飛ばされていた。センターサークル付近で仁王立ちしていたミカエルが、難なく2人からボールを奪ったのだ。ちなみに、ボールを持っていたムアンバはともかく、何故エタウまで吹っ飛ばされたのかは謎である。
 そのままボランチの位置から中央をドリブル突破するミカエル。相手のタックルをジャンプ一番かわすと、ボールの上に着地。そのまま芝生の上を滑るように進んでいく。
 未知の大技“セグウェイドリブル”の発動。髭面のロベルトも「な…なにィ」と言葉を失う超絶技巧が、ついにベールを脱ぐ時がやってきた。


この週の感想:
 久し振りに呆れ果てた前号であったが、今回はなかなか充実していたのではなかろうか。前半の翼のくだりは全く以て必要ないが。
 何といってもミカエルである。この漫画では珍しいディフェンシブな大物キャラながら、今回はとにかく『EN LA LIGA』での初登場時以来の披露となった“セグウェイドリブル”に尽きるであろう。WY編以来久々に登場したトンデモ技。ドラマとトンデモのバランスこそがキャプ翼の持ち味だと思っているので、この手の展開は素直に歓迎したい。
 案の定というべきか、今回もネット上でミカエルのドリブルシーンが話題になっているようだ。その手のスレッドやまとめサイトは一切見ていないので詳細はわからないが、私からひとつ言っておきたい事がある。
君ら、陽一先生に釣られてるよ。
 久々に解禁したトンデモ技、陽一先生とてどのような反響があったかくらい知らないわけがあるまい。いくら先生が浮世離れした人だからといって、『EN LA LIGA』の時にどのような反応があったかを把握していないとは思えない。絵の等身がネタにされている事をどのように思っているかはともかく、少なくとも「トンデモな技を出せば話題になるだろう」という認識くらいは当然ながらしているはずだ。つまり、このネット上の騒ぎは先生の思う壺というわけである。
 個人的には、ミカエルよりももっと重要なファクターがこの回にあった。WY編でカメルーンのエースとして紹介されながらも登場機会がなく、謎のベールに包まれたままだったレイモンド・チャンドラーが、またしても日の目を見ることが出来なかった事だ。
 彼の事は何度かこのブログでも話題にしてきたが、ここでもまたスルーされるとは…名前が登場してから約20年、謎だけが深まっていく。わざわざOAでもどきキャラを引っ張り出してきて、このまま闇に葬り去るつもりなのだろうか…仮に作家の名前を捻りゼロで丸パクリしたネーミングが問題なら、小田和正は何なんだよと。
 あと何故かパシらされている新田・佐野・タケシだが、例え一歳下であろうともこの世界は年功序列なのか。つーか葵も一歳下じゃねぇかよ。翼にゴマすってるからパシリは免除なのか。あと新田の買い物袋の持ち方が妙に女の子っぽい。
 新田といえば、『G-23』で修行の末に披露した“隼蹴り”もトンデモ必殺技といえるのかもしれない。ただ高くジャンプして蹴るだけだが、立花兄弟が再起不能にされた直後だっただけにあれはインパクトがあった。問題は、それ以降一度も使用されていない事なのだが…今回も、そんな技など無かったかのように雑魚扱いされるんだろうなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログで触れてたかなーと思ったのでご連絡を。

キャプテン翼cafeができるよ!ついでにパチンコも出るらしいよ!

そんな私はキャプ翼展は断念しました。
次あるとしたらサッカー好きな地方民にも優しい日程だったらいいな・・・
ヤング
2014/06/09 00:45
ヤングさん:
ありがとうございました。
特にパチンコは全く知らなかったっす。遂に陽一先生もゴーサイン出しちゃったか。誰かレポート書いてくれないかなぁ。
今回は期間が短いですね。ワールドカップに合わせすぎているように感じます。一ヶ月は厳しいんでしょうかね。
ランジェロ(搾取される人)
2014/06/23 23:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺みたいなはみ出しもんが、ネタバレ書いちゃいかんのか? 【キャプ翼銅像とかキャプ翼ネタバレ感想とか】 Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる