Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【キャプテン翼ライジングサン】 Food for Thought

<<   作成日時 : 2018/02/08 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 2月の1日が木曜だったので、グラジャンの発売日は翌週にずれ込む事に。お陰で、妙にブランクが出来てしまったような気分だ。
 この間にあったニュースで、個人的には当然これに引っかかった。
「ゲゲゲの鬼太郎」新アニメ!初代鬼太郎・野沢雅子が目玉おやじ、鬼太郎は沢城みゆき(シネマトゥデイ)
 コンセプトアートが格好良いけど、猫娘がフィーチャーされすぎでは?…いや勿論大好きだけども。

 キャプ翼をはじめ、様々なアニメのリバイバル映像化が発表されている2018年。『鬼太郎』もそのムーブメントの一つと捉えられるのだろうが、元々10年に一度のサイクルでアニメ放送を行っているので、今年の流れにはあまり関係はないような気がする。
 とはいえ、水木御大が旅立たれてから初の映像化という意味では、スタッフは勿論ファンとしても様々な想いが交錯する作品となるだろう。

 今回も猫娘のキャラデザに関して様々な意見が飛び交っていたようだが、既に前期の時点で現代アニメっぽいポップな絵柄にメタモルフォーゼ済み。何を今更騒いでやがんでぇ、と冷ややかにネットを眺めていたが、先程も書いた通り前回のアニメ放送は約10年前の事である。当然知らない若者も多いのだろう。
 しかし、『鬼太郎』をろくに知らないはずの若者が、わざわざ「猫娘がモダナイズされすぎ」的なツッコミを入れるのだろうか? …そんな事言ってる奴、本当に若者か?

 このブログでも前回のアニメに関しては放映時にちょっとだけ触れたが、時間の経過の早さと同時にこのブログがいかに無駄に生きながらえているかを実感する。
 ちなみに、当時取り上げたDVDはこの時からAmazonの“ほしいものリスト”に入れっ放し。
ゲゲゲの鬼太郎 セレクション ニャニャニャのネコ娘 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2009-08-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゲゲゲの鬼太郎 セレクション ニャニャニャのネコ娘 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 まだ買ってないので、誰かプレゼントしてください。


                                                             


【Captain Tsubasa】『キャプテン翼 ライジングサン』ネタバレ感想 相手GKにドライブシュート食らわせてたボーイ?

 ネタバレ感想も毎度似たような事しか書いていないのに、回によって読まれている数に結構な違いがあるのは何故なんだろう。


〔早苗恥ずかしい回想毛布〕

 ロベルトノート・15ページの教え通り、ドライブシュートを放つ翼。ケビン・シュミットのマークも及ばない。

 TV観戦中、身重の早苗は回想する。中学時代、ひたすらドライブシュートの練習を繰り返す翼を見守るだけだった日々を。
 ドライブシュート完成への糸口が見つかったその日の居残り練習も、早苗は翼に付き添った。雪が降るクリスマスイヴ、初めて2人だけで帰った家路。

 何故ここで挿入されたのかいまいちわからない陽一ラブコメ回想を挟み、翼のドライブシュートがテイクオフ。
画像
 ロベルトノート・76ページ「相手の弱点をねらえ!!」という教えを忠実に守り、怪我をしたミューラーの左腕を狙った弾道であった。

 だが、ドイツの守護神はこれを難なくパンチング。
彼にとっては、弱点を狙われる事など百も承知であった。
「おれのあだ名は “鋼鉄の巨人”だぜ」
 鉄壁のミューラーをこの程度で破れるはずはない。シュナイダーと翼、まずは両エースが小手調べの競演。試合はまだまだ始まったばかりだ。


この週の感想:
 以前だったら「翼が回想入れながらドライブシュート打った、でもミューラーが止めた」でネタバレを終えていたであろう、個人的には殆ど興味を惹かれない内容。
 だが、それを許さぬ何かがあった。セブンイレブンの本棚で立ち読みしていた(書くまでもないがその後購入している)私を、思わず腰砕けにしてその場に卒倒させかねない“何か”が…。
画像
 そう、陽一ラブコメの炸裂である。
 いやぁ、久々に来たね…WY編のカレンの「アリさん」発言程ではないが、近頃は控えめだっただけにもろにボディブローを食らった感覚だった。

 個人的にツイッターを初めて驚いたのが、根強い女性キャプ翼ファンの方々の多さだったのだが、正直陽一ラブコメをどう思われるのか、一度アンケートを取ってみたいくらいだ。
 『キャプテン翼アカデミア』の管理人さんも女性だったが、キャプ翼の恋愛描写には私など手緩いくらいの厳しい批評をされていたなぁ…我々の感覚が逆におかしいのかもしれないので、いつか機会があれば現在のファンの方々に伺ってみたい。

 とりあえず、陽一流テンプレ女子の早苗が、ロマンチックな回想をしている…のだろう。だが私は前述の通り腰砕けになっており、今回の感想を書くのが困難になるくらいのメンタル状態だった。この恥ずかしい台詞(あ、書いちゃった)でも、魅惑の(『たたかえドリームチーム』早苗役の)皆口裕子ボイスでなら、もう少しまともな精神状態で聞けるのだろうか。
 大体、早苗の見た目が美子と区別がつかねぇよ。もう何度も書いてるが、もうちょい女子キャラの作画に気を遣いませんか、陽一先生…。

 文句ばかり書いているようだが、久し振りの陽一ラブコメである。これも楽しまなければ陽一信者ではなかろう。読み返す勇気はないが…。
 ただ陽一先生の名誉のためにフォローしておくが、キャプ翼でしつこいくらい描いている「恋する女の子はみんな好きな人の前ではおしとやかになっちゃうんだゾ☆」という画一的価値観の恋愛話だけでなく、普通の青春ラブストーリーもちゃんと描ける漫画家である。それは佳作揃いの短編の数々で証明されているし、近作『誇り』でも(本人が意図したほど大人のラブストーリーにはなっていないが)その能力は如何なく発揮されている。
 よりによって、代表作のキャプ翼だけが陽一テンプレラブコメ展開、及び悶絶するくらいこっ恥ずかしい台詞の応酬になってしまうだけだ。多くの読者はキャプ翼しか読んでないわけだし、それは十分致命傷であるという見方も出来るが…。

 今回良かったのは、翼が勝負に対しては非情に徹しようとしている点だ。ロベルトノートの教えという後付け設定だが、笑顔で相手を完膚無きまでに叩きのめす、という『Road to 2002』以降顕著な翼の姿勢を、陽一先生も公式に認めたという事になる。
 私は度々翼の事を「サッカー破壊神」とこのブログで形容してきたが、決して的外れでなかった事がこれによって証明された。そもそも、「1試合で10ゴール10アシストは無理だったかぁ」などと外道発言をしていた奴が今更いい子ちゃんぶられても困るからね。
 ロベルトはプロとしての心構えとして翼にこういった姿勢を教えたようだが、間違ってはいないと思う。日本の少年漫画的スポーツ感としては、まだまだ共感を得にくいようにも思うが。


                                                             


【Response】コメント返信

 いつもありがとうございます。今年初めての記事内での返信!


ヨッシーさん:

 こっちではお久し振りです!

> 三杉くんがやっと天才ぶりを発揮してくれましたねぇ〜ヨーイチ先生思い出してくれてありがとうですよ。
 彼だけは絵がそれほど劣化していないのが逆に凄いと思います。今後の使われ方にも今回の試合が影響しそうですね。

> 岸をはりきってジョギングしながらGC先輩たちに『俺にパスをまわして下さい!』みたいな?ことを言ってたのにwwTwitterの新田ファンフォロワーさんたち嘆いてましたよもー(--;)…
 コメント頂いてから新田の事を思い出しました! すまん新田。そうですよね、試合前に意味ありげに登場しといてスタメン落ちはさすがに予想出来ません。新田って、やっぱり女性人気が根強いんですね。ヨッシーさんのコメントで改めてそれを実感しました。


すしをさん:

 田中圭と向井理、2人とも大河ドラマ出てるしNHK朝ドラ出てるし、はっきり言って混乱します…。

> 心臓病再発フラグなのかとヒヤヒヤするんですが 試合の勝敗より予想がつかないからですかねぇ・・・
 一応フラグ立ててますしね、確かに使い潰される危険性も否定出来ないですね…石崎の出番を作るとなると、大会中の離脱も十分考えられますし…。

 ちばぎんカップ、予想以上にボコボコにされましたが、リーグ戦への反省として気を引き締めてほしいですね。
 しかしクッシーはコーチになっても得点力が冴えてるんですねw 彼こそリアル若島津だったのかも…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(^^)Twitterでは遠慮して(ツバサナファンのフォロワーさんもいるんでw)本音で語ることができませんでしたが…ここでは遠慮なく言わせて頂きます(^o^;)
まず、早苗ちゃん回想シーン…アレはハッキリ言って…ドーデモヨイ‼ですっ(笑)あのセリフまわし『将来のだんな様…』←シラケたwこれならまだお腹の双子に『アナタたちのパパはね…』と語りかけてたほうがマシ。この作者さんはどんだけ女性キャラを家政婦みたいに…ゲフッ!扱うのかなと
苦笑いしました。こんな回想がまた試合をダラつかせてとw日向のラブコール同様いらないです(爆)もうこんな恥ずかしいラブコメは無理して描かれなくて良いから試合の展開を進めましょーよ(^o^;)
C翼におけるラブコメで唯一良かったのはやっぱり松山&美子の空港シーンだけですね私は。あれは感動したものホントに。
それ以外は…ねぇ(笑)あっ石崎&ゆかりも良かったかな。
長々とスミマセンでした。
ヨッシー。
2018/02/08 08:43
ヨッシーさん:
本音トークありがとうございます! やっぱりツイッターだと見ている人が多い(このブログアカウントは全然そんな事無いけど)から、無難な内容になっちゃいますよね。
私も全く同じ箇所でシラケた…というか開いた口が塞がらなくなりました。そうなんですよね、女性は男性の三歩後ろを歩け、みたいな価値観なんですよね、この漫画の恋愛描写は…陽一先生が古風な人なんでしょうか。

今回のラブコメ、ツイッターだと割と肯定的に捉えられていたような印象だったので、「あれ、今回ちょっと書き過ぎちゃったかな…」と思ってましたが、心配無用だったようで安心しましたw
やっぱり松山&美子のものがベストですね。ゆかりも、急激に陽一テンプレ女子になってしまわないか心配です…。
ランジェロ(痛いと言われ続けている人)
2018/02/14 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
【キャプテン翼ライジングサン】 Food for Thought Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる