東方蹴球大会クロニクル Vol.17 東方蹴球宴・花映塚の部への道 おまけ

〔続・美鈴の章〕

美鈴「監督ーっ!紅美鈴、ただいま戻りましたっ!!ニコニコ動画を見て、新しい必殺セーブを編み出しちゃいましたよ!!その名もATTRACT ブラックホール!!
画像
画像

   どうですか!?人間離れしてるでしょう!?これでどんなシュートでも止めてみせますよ!!…って、あれ?


   …誰もいないいいいいいいい!!!





〔マスブレトリオの章〕


魔理沙「まったく、霊夢のものぐさぶりにも困ったもんだぜ。何で副キャプテンの私が大会本部まで行かなきゃならないんだっての。おっし、帰ったぜ!…って、あれ?」

パチュリー「魔理沙、お帰り。遅かったわね…色んな意味で」

魔理沙「みんなはどうしたんだ、パチュリー?それに、あのヘルナンデス君達はいっタイ…」

画像
美鈴「監督、監督…置いていくなんて酷いアル…」

画像
アリス「霊夢、霊夢…私のまだ見ぬコンビプレイ…」

パチュリー「中国に関しては、これと上のおまけを参照ね」

魔理沙「霊夢のワガママとあのアホ監督の横暴でGKに戻された上に、置いていかれたのか…さすがにかわいそうだぜ」

パチュリー「それ以上にアリスと私たちが…というより、あなたの方よ、不憫なのは…」

魔理沙「何の話だ?」

画像

魔理沙「な、何だこの歓声!」

パチュリー「試合が始まったようね。ZEF選抜 vs お花畑の」

魔理沙「試合が始まったァ?一体どういうことなんだよ!?」

パチュリー「黒赤マジック、よ」

魔理沙「黒赤マジック?…あぁ、偶然カップファイナルでベスト8まで進んだあのチームか。監督が“仰木マジック”とかって褒められてたよな。理屈バカのウチの⑨監督とはえらい違いだぜ。ウチのライバルだった夢求もあのチームには負けてるし…それがどうかしたのか?」

パチュリー「詳しくは、黒赤マジックのオフィシャル・ドキュメンタリーDVDにその時の様子が克明におさめられているから、観てみるといいわ」

魔理沙「すげーな、こんなの作ってんのかよ…ウチも作ればいいのにな、こんなやつ」
画像
(画像はイメージです)

パチュリー「そのためには、もう1回くらいは上位進出しないとね…」

魔理沙「まぁな…」

パチュリー「ちなみに書籍版と写真集も発売予定だそうよ。サニーサイドアップかどこかがマネージメントしてるのかしらね。貪欲だこと」

魔理沙「そ、そうなのか?何だかドキュメンタリー以外は海賊版の匂いがするけどな…」

パチュリー「ちなみにウチの⑨監督は、霊夢が写ってる部分だけくれ!とか必死にほざいていたわね」

魔理沙「心底どうでもいい情報だぜ…早く見せてくれよ」

パチュリー「はいはい。ドゾー」

魔理沙「………なにィィィィィ!!何なんだよこれは!!!霧雨魔理沙もなめられたもんだぜ!!!!」

パチュリー「あの監督に関してはもう諦めた方がいいわよ。もう私はとっくに絶望しているんだから。むしろ、問題なのはけしかけた霊夢ね…」

魔理沙「いや、それはあまりに呆れたせいであえて触れてなかったんだけどな…しかもあいつ、さりげなくとんでもない事言ってやがるな…」

画像
霊夢「『偶然カップファイナル~』で予選落ちしたこっちの魔理沙よりかは断然役に立つわ!!!!」

魔理沙「あいつ、私たち黄色祭に予選で負けたくせに、よく言うぜ…自分はmixi杯でもRSN杯でも森崎君ばりに吹っ飛ばされてるくせに…」

パチュリー「まぁ、それに関しては未だにその予選の試合レポートを書いていないウチのオーナーに問題があるわね。それに、霊夢の今の精神状態は11人抜きした時の某主人公くらいハイになってるみたいだし…」

魔理沙「何だか別の方向に性格変わってないか、アイツ…でも、ウチのオーナーが許可しなきゃ黒赤の3人は出場出来ないんだろ?」

パチュリー「監督以上に⑨なあのオーナーが断ると思う?『揖斐丸君に任せてるから』って、二つ返事でOKしたらしいわよ」

魔理沙「それでさっさと試合に向かったってわけかよ。さすが、無能の代名詞だぜ、あのオーナーは…」

パチュリー「…それで、これからどうするの?魔法で懲らしめにでも行く?」

魔理沙「いや、サッカーの借りはサッカーで…怒りはボールにぶつけよう、だぜ」

パチュリー「魔理沙…」

魔理沙「ほら、アリスも顔上げろって。3人で今日から修行だぜ!」

アリス「でも…霊夢はコンビプレイは新しく出来ないって…」

魔理沙「だからレベルアップするんだぜ!私達のマスターブレードを、もっと完璧なものにするためにな!」

アリス「レベルアップ…魔理沙と修行…マスターブレード…ある意味コンビプレイ…霊夢じゃなく魔理沙なら、もしかして新しいコンビプレイも…私たち2人だけの…うふふふふふふふふ!!!

魔理沙「ま、考えてる事はともかく…やる気が戻ったんなら何よりだぜ」

パチュリー「でも、RSN杯には私たち黄色祭じゃなく、犬想卿を送り込むって監督は言ってるけど…」

魔理沙「だからこそじっくり修行が出来るんじゃないか!」

美鈴「あ、あの、もし良かったら私も一緒に…」

パチュリー「それなら、どこに行くの?」

魔理沙「霊夢も今いないし、外の世界に行ってみるのも面白いかもな。やっぱ2大シュートを生み出した沖縄だろ!」

パチュリー「それならネオタイガーを生み出した地であるフランスもいいわね」

アリス「で、でもあっちでのお金はどうするの?」

美鈴「わ、私も修行に…」

魔理沙「ふっふっふ、前にてゐが監督の部屋から盗ってきたこれがあるんだぜ!」

アリス「これは、ちばぎんのジェフユナイテッド千葉マスコットの、ジェフィ君&ユニティ君デザインの通帳!」

パチュリー「大して入ってないみたいだけど、しばらくは何とかなりそうね」

美鈴「私も一緒に修行に連れてってほしいな、なんて…」

魔理沙「よーし、3人それぞれがレベルアップして、あいつらを見返してやろうぜ!」

パチュリー「どうせなら、帰って来て試合に出たときはシュナイダーくんの演説イベントみたいなのがほしいわね。『俺達はこの大会に備えて世界中で腕を磨いてきた!』っていう感じの」

アリス「魔理沙とコンビプレイ魔理沙とコンビプレイ魔理沙とあんなこと魔理沙とこんなこと…」

バタム(ドアの閉まる音)


美鈴「・・・・・・・・・・・・・そうですか、私はまたひとりぼっちですか……
どちくしょーーーーーー!!!!!!


相変わらず可哀想なめーりんのリベンジの場は、RSN杯2ndへ!
♪Go ahead, go ahead, go ahead ZEF&めーりん!行くなら僕もどこまでも行こう!!

この記事へのコメント

  • やみなべ

    あれの続きがこんな展開につながってるなんて……
    全ての黒幕がこういうのもなんですが『予想外でした』

    しかしめーりんの扱いっぷりもわr…悲惨だけど魔理沙達も前向きというか、監督様の通帳を盗んどいて「対して入ってない」なんてサイコーだ(笑)
    いい性格してるZE!!

    なんだかこの件でますます腋巫女の横暴ぶりが上がって⑨監督様の信頼度がマイナスまで下がった気もしますが……
    とりあえず一言だけ言わせてください。

    「私は悪くない!!悪いのは○○だ!!!」

    >パチュリー「ちなみに書籍版と写真集も発売予定だそうよ。サニーサイドアップかどこかがマネージメントしてるのかしらね。貪欲だこと」

    それは初耳だけど……面倒だからスルーで(ぉ
    2007年09月28日 23:33
  • ランジェロ(Win by ZEF)

    思わず書かせて頂きました。リンクされてるw

    ウチの魔理沙は明和FC時代の日向みたいなイメージにしてます。
    そもそもあのアホ監督に関しては何も期待していないので、⑨発言はほぼスルーするようになっているようですw

    霊夢のワガママっぷりと⑨監督の信頼度の低下は常にインフレ状態なので、まぁ仕方ないでしょう…。

    最後のはスルーで問題ないですw
    2007年09月29日 07:51

この記事へのトラックバック