Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【キャプテン翼ライジングサン】 俺は待ってる いつまでも ドイツのいないこの連載で

<<   作成日時 : 2017/08/25 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

Talking Loud and Clear :
"Captain Tsubasa" & "Come on United!"

【Part.8: Germany vs Brazil in "Captain Tsubasa Rising Sun" (III)】

Part.6 : (1/3)
Part.7 : (2/3)


画像
 次のトピックです。
・悪い意味で読者の期待を裏切りまくる展開
 連載漫画なので毎回引きがあるわけですが、その引きを忘れたかのような展開が何度かありました。ここまでで挙げた分ではシュミット兄弟の登場がそれに当たりますし、後は最後のPKの引きですかねぇ。

画像
 今回は休載を挟まなかったのに忘れたんですかね? どんな感じでしたっけ?

画像
ギュンター「今日は酷い日だったが最後に何かいいことがあるかもしれんの」
画像
↓次の回
リバウール「別にそんなことはなかったぜゴールゥ!!」

画像

画像
 あー、あの謎のフラグですね。結局回収されないままだったわけですが。コメント欄でご指摘頂いた通り、まさか「移動が無くて治療に専念できる」というだけなんじゃあるまいな……。

画像
 本当にそれだけで終わりそうな気がしてならない。他にもペペとレオをコンビ扱いにして何故か活躍させようとする謎描写もありました。読者も望んでないし、特に試合に影響しないしなんのために入れたのか本当に分からん回でした。

画像
 謎回でしたね。今考えると、7月いっぱいできり良く休載して夏休みに臨むための引き伸ばしだったような気もします。

画像
 正直こういうその場の思い付きで考えたような話ばかり入れるのは、長いことやってるはずのプロとしてどうなんだと思います。担当は本当に何も言わないんですかねぇ。

画像
 なんだか担当も悪い意味で放任主義のような気がしてならない……前から書いてますけど、陽一先生って本当に頑固な人なんだと思います。もう編集部には「好きにやらせとけ」みたいな扱いをされてそうで悲しい。

画像
 どこかで気付いてほしいですけどねぇ。と言うことで最後、と言うかまとめのトピックに向かいます。
・結局どうすれば今回の試合は問題なく終われたのか
 最初の方にランジェロさんが言ってるんですが、この試合の最大の問題点はブラジル側が舐めプから入ってることなんですよねぇ。とにかくそこが一番アカンかった。

画像
 そこに尽きますね。リバウールの態度が酷くても、こいつが最初から出ていればもうちょっとマシだった。せめてサンターナとナトゥレーザだけでも出しておくべきだった。だって、この2人だってシュナイダーたちと同じU-23なわけでしょ。あれだけ最初から「ブラジルは本気じゃない、手を抜いてる」と繰り返し強調されてもね。
画像
 「後半から本気出しました」と言われても、単に読者の緊張感が削がれるだけ。


画像
 サンターナとナトゥレーザをスタメンスタートは確かにそうですね。リバウールは最悪出さなくても良かったとも思います。ドイツ側はオーバーエイジを使っていないのでロペカロとか体力なさそうなオッサンを外して、U-23チームで引き分け辺りで手打ちにした方がまだ良かったと思います。
 今回は引き分けだったが、フルだったらどうなったか分からんな、みたいな。つーかナトゥレーザとかはこういう試合出たがるタイプじゃないんですかねぇ? 何大人しくベンチ座っとんねん。

画像
 奴は翼が絡まないとやる気失くすんですかね。確かにU-23同士の対戦だったらもう少しは良くなっていたかもしれない。いずれにせよ、前半からブラジルがまともにプレーしていればここまでドイツがコケにされる事もなかった。

画像
 まあ敢えて考えるなら、3-2でドイツリードのまま試合終盤、リバウールが出場して同点ゴールを決める辺りが作品としても作者としてもなんとか恙なく纏まるラインじゃないかなと思いますが、ランジェロさんはどうでしょう?

画像
 難しいですねぇ。やっぱりドイツに勝ってもらいたいという気持ちはありますけど、やっぱりオーバーエイジがいないからそれは難しいわけですし。一応ブラジルの格というものも考えなくてはいけないわけで。
 だから、なかむーさんのプランがベストだと思いますね。当然、前半からブラジルはリバウール抜きでも本気モード、という前提で。

画像
 素人でもこのくらいの試合展開は思いつくんですから、陽一神にも今回の試合はちゃんと納得できるように描いてほしかったですねぇ。前回のアルゼンチン戦が高評価だっただけに、その落差が激し過ぎて更に叩かれている感はありますが、正直残念でもないし当然としか思えない。

画像
 本当に落差がハンパないっすね……ブラジルと主人公のアイツに対して堪え性なさ過ぎでしょう。この2つをとにかく勝たせたい、絶対的な存在として描きたいっていう自分自身の思い入れを最優先させすぎなんですよ。

画像
 今後も連載は続いて漫画はトーナメントに入るわけですが、もう期待値0でしか見れないのが辛い。今後もこんな展開ばかりだと本気で打ち切られるんじゃないですかね……。

画像
 これだけ連載を支障なく続けられているって事は、単行本も一定の売り上げはあるんでしょうか。それともグラジャンなら、ジャンプやヤンジャンと違ってそこまで厳しくないんですかね。
 前回の対談と同じような意見になってしまいますが、もっと編集なり担当なりが本気になってほしいですね。陽一先生だってやれば出来るんだから、もっと容赦なく口を挟んでほしい。

画像
 順当にいけば恐らく日本はドイツ、スペイン、ブラジルの順で当たるんでしょうが、これ準決勝がピークですね。そこで最終回でいいんじゃない?
画像

画像
 またブラジルと決勝で当たってもなぁ。見たい人いるんでしょうかね。何かサプライズがあればもうちょっとは盛り上がるとは思いますが。

画像
 やはりフランスにゲルティスが帰化して加入、そして新技スライダーキャノンでブラジルを粉砕してもらうしかないな。

画像
 フランスに全てを賭ける状況になるとは。それが実現したらロベルト本郷のグラサン買って集英社本社ビル前まで謝罪に行きます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今回のブラジルVSドイツ対談、非常に興味深く拝見しました。

>ブラジルと主人公のアイツに対して堪え性なさ過ぎでしょう。〜
概ね納得ですし、全ての原因は本当にココにありそうですね。

>担当も悪い意味で放任主義のような気がしてならない……
やはりワールドカップ直前は高橋神に口出しできる編集者はいないのかもですね(汗)

>これ準決勝がピークですね。そこで最終回でいいんじゃない?
この回避のために

>やはりフランスにゲルティスが帰化して加入、そして新技スライダーキャノンでブラジルを粉砕してもらうしかないな。
爆笑しました。
PKでギリギリくらいでしょうかね、現実的に。ゲルティスは間違いなくヒーロー。
ナポレオン君は正面にキャノンシュート打たないように教育しないと。
>別にディアスがブラジル倒してもらってもいいんだよ?
そのとおりですね。画像に文字があるのに最近気づきました。
あと、アメリカにミハエルとジャックを呼ぶ、だがブラジルには勝てないかな(汗)

話は変わりまして、
管理人さんはキャプテン翼舞台に行く事を決断してくれそうで何よりです。
今回の対談者の なかむー様も行くのでしょうか?
ぜひ、2人で『舞台のオリジナルシナリオ』を対談分析していただきたいのです。

私が「ギリギリOK」と書いたのは、忌憚ないキャプテン翼ファンとして見た評価であり
上記ドイツブラジルのお粗末なシナリオではなく、ある程度は評価できるものでした。
もちろん改善の余地は多々ありますけれど。

ただ、見てもらえばわかりますが
少し特殊なオリジナルシナリオで、広い意見を知りたいのです。
とおりすがりィ
2017/08/26 02:04
対談うれしい💕
舞台行ってきました✨そしてまた行くことになりました✨
すしをさんの仰る通り、小1の息子は喜んでましたね✴小5の娘のほうはさほど興味はなしと言った感じでした。
脚本もオリジナルでしたが、原作や昭和アニメのテイストを無視せずちゃんと取り入れていて、オリキャラも違和感なくすんなり受け入れることができました✨キャラのイメージ(一番恐れていたこと)もピッタリマッチしてたと思います。
映像ではなく、生身の役者さんたちが魂を込めて演じていて気迫を感じました。ただのイケメンたちというだけではなく(失礼?)やっぱりプロの舞台役者さんたちなんだと実感しました✨
なので2回目BBA(ババア)1人(笑)で観に行ってきます👋
ヨッシー。
2017/08/28 04:52
舞台2回目行ってきました〜💕
今度はプレミアム席にて✨しかも4列目センターという遠すぎず近すぎず丁度良い距離感で、キャストさんかの微かな表情などじっくりガンミしてデレてました←キモい❗
ヨッシー。
2017/08/30 20:13
正直、創造神に愛されているリバウール温存のブラジルが
後半活躍するんだろうなって気配マンマンのナメプだったので
前半のシュナイダーを見ていた時から虚しかったシリーズでした。
連載中にどこかのインタビューで陽一先生が
「今描いてて楽しいのはリバウール」
とおっしゃってたのを見て脱力したものです。
アルゼンチン戦もリバウールの古傷が痛みだしても
どうせブラジルが勝ち上がってきそうですし
今回の五輪最高の見せ場はスペイン戦かもしれませんね。
はぁ、ランジェロさんにロベルトのサングラスで集英社凸してもらいたいです。
あれ、六本木ヒルズの森タワーの売店にありましたよw
ジャンプ展内じゃないのに驚きましたが

前回の締めであるなかむーさんの
「グランドジャンプとか子供は買わないしへーきへーき。」
に盛大に吹きました(笑)
確かにエロもありで、無印を知ってる世代の読者層がターゲットなんでしょうね。
すしを
2017/08/31 07:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
【キャプテン翼ライジングサン】 俺は待ってる いつまでも ドイツのいないこの連載で Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる