Come on United!

アクセスカウンタ

zoom RSS Just a Chance 【Day 3】

<<   作成日時 : 2017/04/03 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フットボール書評 Books are Burning 第31回

 怒涛のサッカー書評・2017春の陣、3冊目はあの話題作の次巻が早くも登場。



画像
さよなら私のクラマー(講談社コミックス)
新川直司

 1巻に関してはこちらを参照。
Only in Dreams 【サッカー書評とかキャプ翼ネタバレ感想とか】


[あらすじ]

 練習試合は、久乃木学園圧倒的優位のまま続く。更に失点を重ねる蕨青南だが、希のプレーは徐々にギアを上げていた。
 すみれはいつか来るであろう再戦に備え手の内を隠すべきだと主張していたが、相手のマーカーであるSB佃真央の余裕綽綽な態度に業を煮やし、本気を出す事を宣言。
画像
 対面の真央に対し、一対一の勝負を挑み始める。
 完全に試合を支配した蕨青南。希の個人技が炸裂し、遂に待望の1点をもぎ取ったかに思われたが…。

 練習試合、全国ナンバーワンの高校に0-21の大敗を喫したイレブンは、次の一手を実行に移す。新たな部員の募集、男子サッカー部との合同練習の直訴、コーチの能見が勝手に作ったユニフォーム(破壊的センスのダサさ)破棄のための費用捻出…しかし、全てに邪魔が入る。
 まずはユニフォームを何とかしなければ。優勝賞金を目当てに、緑や希、すみれは地元で開催されるフットサル大会に出場する事を決意するのであった。ライバルであった佃真央をも巻き込んで…。


[感想]

 …あれ?なんか1巻に比べてちょっとトーンダウンしてない?もっとシリアスなテーマに切り込んでいくかと思いきや、普通に青春し始めた主人公達。
 個人的な話になるが、彼女たちが強化手段として掲げた「男子サッカー部との合同練習」に引っ掛かっているのだと思う。この書評コーナーにおいて、散々男女混合サッカーのイチャイチャを見せられて食傷気味だという事は、既に何度も記した通り。そのアレルギーが、作品そのものに対する評価を曇らせてしまっているのかもしれない。

 ただし、強化としては有効な手段であるのは確か。なでしこジャパンも、男子高校や中学サッカー部と練習試合をし、敗戦している様がよくマスコミに取り上げられている(本当に昔から凄く疑問なんだが、男女マッチの結果を嘲笑されるのってサッカー以外にあるか?)。
 それだけ、身体能力に差がある相手との練習は得るものが大きい。2011年ドイツ大会優勝組も、幼少時は後のJリーガー達と切磋琢磨し、鍛えられてきた選手ばかりであった。

 ちょっと日常パートに寄っただけで狼狽える私をどうかしていると思う人も多いかもしれないが、それは数年間様々な女子サッカー漫画を読んできたからこその病気みたいなものだと考えてもらいたい。この作品は、そういった今までの作品のように志半ばで終わってほしくない。そう思うからこそハードルが高くなってしまうのだ。
 男女混合サッカーに関しても、『さよならフットボール』に出てきた選手達がそのままこの作品に出ているので、登場させないわけにもいかないのだろう。いつの間にか主役が完全に恩田希に移行しているので、その流れは自然でもある。1巻丸ごと使って、煮え切らないツンデレ幼馴染関係を延々やられなければ私はそれでいい。

 しかし、完全オリジナルデザインのユニフォームっていくらくらいかかるんだろう?
画像
 オリジナルTシャツを作るようなショップなら、最近はサッカーユニフォームを作れるところも増えているが、例えば大手スポーツメーカーだとかなり難しそうである。ヒュンメルはデザインをWeb上でカスタマイズしてそのままオーダー出来るが、あれも結局デザイン自体は既製の組み合わせだしね。
 ブランド名がないので、オリジナルデザインショップへの完全オーダー品なのだろうが。

 そういえば、この作品の世間的な評価が知りたくてちょっとブクログを覗いてみたんだけど、漫画自体を読まずにレビューしてる人とかいるのな。それってアリなの?かつてのAmazonの「まだ発売前ですが期待を込めて☆5つです!」じゃないんだからさぁ。
(追記:この記事自体は数週間前に書いたものだが、今回の更新にあたって改めて確認してみたら当該レビューは確認出来ず。消したのかな?)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Just a Chance 【Day 3】 Come on United!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる